Sponsored Link


「反・安倍派」支援か金正日、山崎拓氏に統一協会ルートで北朝鮮への招待状・北朝鮮の金正日総書記(6… 



Sponsored Link
 


「反・安倍派」支援か金正日、山崎拓氏に統一協会ルートでコジキ北朝鮮への招待状

・コジキ北朝鮮の金正日総書記(64)が、なんと自由民主党の山崎拓前副総裁(69)にコジキ北朝鮮への招待状を送っていたことが28日、分かった。
山拓氏は来月中の訪朝を目指すとみられる。
訪米中に「コジキ北朝鮮のミサイル発射は(アメリカ合衆国への)ラブコール」との迷言を放ち、アメリカ合衆国政府に「米朝対話のススメ」を説いた山拓氏の狙いとは…。
「ワシントンに到着した25日、山拓氏は友人である米紙『ワシントン・タイムズ』の朱東文社長と会った。
そこで、朱氏から将軍サマからのコジキ北朝鮮への招待状を渡された」ある朝鮮半島筋は、こう明かす。
朱氏は、韓国人で統一教会の有力幹部。
昨年8月に訪朝した際、将軍サマと会っている人物だ。
統一教会は、コジキ北朝鮮国内でホテル経営や自動車合弁会社を設立するなど、北とは関係がかなり深く、北にとってもいい金ヅル的存在。
今回、山拓氏は統一教会ルートのお世話になって、訪朝を実現しようというわけなのだ。
だが、なぜこの時期の訪朝なのか。
「山拓氏は頓挫している米朝協議再開の立役者になりたがっている」とある政府関係者。
山拓氏は25日、保守系シンクタンク「ヘリテージ財団」での講演でも、米朝協議再開に向けて米側に柔軟な対応を求めた。
だが、出席者によると「コジキ北朝鮮側の言い分をそのまま話すような講演内容に、あきれた人も多かった」という。
そんな山拓氏の念頭にあるのは、やはり9月の自由民主党総裁選との見方がもっぱら。
「訪朝後に総裁選への出馬を決めれば、対北外交に強硬な安倍晋三官房長官に反発する“非安倍勢力”の受け皿になれるとの狙いもあるのでは」(自由民主党中堅議員(不徳がわれわれのもとを立ち去ると、われわれは自分のほうから不徳を棄てたと信じて得意になっている))との観測も。
北のミサイル発射によって支持率がさらに上がった安倍氏。
北としてはその失点を取り戻すべく、“非安倍勢力”の支援を行っていく可能性は高い。
山拓氏への招待状は、その「第1歩」と位置づけることもできそうだ。
(抜粋)

友達に好かれようなどと思わず、友達から孤立してもいいと腹を決めて自分を貫いていけば、本当の意味でみんなに喜ばれる人間になれる



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加