Sponsored Link


生保が10段階に政治家ランク付けパー券購入など支援も落選なら現職の7割に降格生保協会は「回答を差… 



Sponsored Link
 


生保が10段階に政治家ランク付けパー券購入など支援も落選なら現職の7割に降格生保協会は「回答を差し控える」

生保が政治家ランク付け落選なら支援も降格生命保険各社が保険金不払いをめぐり、政界へ働き掛けていた問題で、大手生保四社が百人を超す与野党の有力政治家を十段階にランク付けし、分担してパーティー券購入や懇親会を開いていたことが分かった。
トップランクの議員(危険を冒して前へ進もうとしない人、未知の世界を旅しようとしない人には、人生は、ごくわずかな景色しか見せてくれないんだよ)は財務大臣や自由民主党の金融調査会長経験者が多く、保険行政に影響力を持つ族議員を中心に緊密な関係を維持しようとしていたとみられる。
関係者によると、政治家は上から順に「1-A主要議員」▽「2-A友好議員」▽「2-B友好議員候補」などと、十段階に分けられ、日本(にっぽん)生命、第一生命、住友生命、明治安田生命の四社が分担して受け持った。
このほか生命保険協会が懇親会を開くケースもあった。
「主要議員」の要件は「業界への理解が深く、業界のための助言が期待できる議員」とされており、二〇〇八年度は財務大臣や金融担当相、自由民主党で金融調査会長や税制調査会長を経験した大物十二人がランクされた。
「主要議員」への接触は(1)四社の調査部長が出席して年一回懇親会を開催(2)パーティー券の購入(3)年一回議員出席で地方生保協会主催の例会を開く-などと方針を決めていたという。
二番目の「友好議員」は「業界への理解があるが、活躍の領域が限定される議員」、四番目の「ポスト議員」は財務省や金融庁の政務三役で「業界に対する理解がある議員」などと定義していた。
かつて親密だったものの落選した議員のパーティー券購入は「関係を維持する場合でも現職当時の七割程度」と選別。
昨年の衆議院選では、上位の議員には生保各社の社員が出陣式に動員されたり、後援会名簿づくりに協力したりするなど手厚く支援したという。
(続く)http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2010072002000047.html

あらゆる人間の闘争のうちで、もともと芸術家である男と、もともと母である女の闘争ほど、残忍・悲惨なものはない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加