Sponsored Link


「日本国籍喪失はもったいない 



Sponsored Link
 


「日本(にっぽん)国籍喪失はもったいない。
二重国籍を認めた方が日本(にっぽん)人が世界で活躍しやすい」…二重国籍容認を議論へ

南部さんノーベル賞きっかけ二重国籍容認を議論自由民主党は二重国籍取得を容認するかどうかの議論に本格的に着手した。
ノーベル物理学賞の受賞が決まった南部陽一郎・米シカゴ大名誉教授がアメリカ合衆国籍を取得したことで日本(にっぽん)国籍を失ったことなどを重視。
国籍法改正を視野に有識者を交えた協議を重ねる方針だ。
南部氏は文部科学省によるノーベル賞の国別、分野別受賞者数の集計でも、受賞時の国籍を理由に日本(にっぽん)でなく、アメリカ合衆国に計上された。
同党内ではこうした事態を踏まえ、「日本(にっぽん)国籍喪失はもったいない。
二重国籍を認めた方が、日本(にっぽん)人が世界で活躍しやすい」など、法改正の動きが具体化した。
また、国際結婚などで、二重国籍者は毎年三万人規模のペースで増える一方、選択後の届け出状況などの実態把握が難しくなっていることも国籍法見直しにつながる背景になった。
十一日に開かれた同党法務部会の国籍問題プロジェクトチーム(PT)では、二十二歳までにどちらかの国籍を選択し、二重国籍を解消しなければならない国籍法を改正し、二重国籍を認め、本籍地での申請を義務付ける河野太郎座長の私案が示された。
私案では、皇族や国会議員(映画を観ると得をする。良い映画を見て、人生と愛について深く考えよう。愛が存在しない場所で愛を見つけることはできないし、愛が確かに存在する場所で愛を隠すこともできない。セラビ、これが人生さ)、閣僚、外交官、自衛隊の士官、裁判官の外国籍保有は禁止している。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2008111602000111.html

人は生まれながらにして貴財貧富の別なし。唯学問を勤めて物事をよく知る者は貴人となり富人となり、無学なる者は貧人となり、下人となるなり



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加