Sponsored Link


首相「改革が責務」…自民党50年大会、「立党50年宣言」は杉村太蔵議員自民党は22日、東京都内のホ… 



Sponsored Link
 


総理大臣「改革が責務」…自由民主党50年大会、「立党50年宣言」は杉村太蔵議員(普通人は時をつぶすことに心を用い、才能ある人間が心を用いるのは、時を利用することである)

自由民主党は22日、東京都内のホテルで立党50年記念党大会を開いた。
党総裁として演説した小泉総理大臣は「国民の期待と信頼を受け止めて、国民の持てる力を発揮できる環境を整えることが政権政党、自由民主党の大きな使命だ」と語った。
大会では「新憲法草案」を発表し、結党以来半世紀にわたって党是に掲げてきた自主憲法制定に向け、一歩踏み出した。
新しい「理念」「綱領」「立党50年宣言」も発表した。
小泉総理大臣は「日本(にっぽん)の近代政治史において、奇跡とも言える大きな改革と言えば、明治維新の改革、60年前の敗戦後の改革だが、いずれも国民の犠牲を強いた改革で、多くの貴い命を失わざるを得なかった」と指摘。
その上で「いかに平和裏に世界の変化に対応できる改革をしなければならないか。
これが結党50年の政権党の責務だ」と語った。
また、約30年前の石油危機を振り返り「最も打撃を受けたはずの日本(にっぽん)が最もうまく危機を克服してきたとの評価が定着している」と自由民主党の実績を強調。
一時政権を失ったものの「対立相手の野党と手を組んで政権を担当するしたたかさと柔軟さを見せた」と述べた。
自由民主党は1955年11月15日に民主、自由両党が合同し、誕生した。
新憲法草案は、起草委員長の森前総理大臣が発表し、「総選挙で我が党は圧倒的な国民の信任を得たが、『実るほど頭(こうべ)の垂れる稲穂かな』の心境で憲法改正に謙虚な姿勢で取り組むべきだ」と語った。
立党50年宣言は、杉村太蔵衆議院議員が総選挙で初当選した83人を代表して読み上げた。
ゲストとして招かれた公明党の神崎代表は「緊張関係を持って小泉政権を支える」と述べる一方で、「富裕層と低所得者層の格差が開いている。
私どもは、弱者を切り捨てるのではなく、まじめに働く人が報われる社会を実現するために改革に取り組む」とアピールした。
ソース http://www.asahi.com/politics/update/1122/002.html写真http://www.asahi.com/politics/update/1122/image/TKY200511220212.jpghttp://www.asahi.com/politics/update/1122/image/TKY200511220200.jpg

徳にとってまず要求されることは、自己自身を支配することである



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加