Sponsored Link


天皇陛下の前で居眠り、鳩山氏とは異質の湿った軽さ「上昇志向」「権力志向」でポピュリスト鳩山氏とは… 



Sponsored Link
 


天皇陛下の前で居眠り、鳩山氏とは異質の湿った軽さ「上昇志向」「権力志向」でポピュリスト

鳩山氏とは異質の湿った軽さパフォーマンスの菅氏(産経新聞から抜粋。
長いので全文はリンク先で)昭和55年6月、33歳で衆議院に初当選した菅直人新総理大臣は胸中に、30年かけて天下を取るという「30年計画」を温めていた。
強い上昇志向鳩山総理大臣の実弟、鳩山邦夫元総務相は2日、都内での講演で平成8年の旧民主党結党時に、菅氏が加わった経緯を振り返った。
「兄と私とで民主党の骨格を作ろうとしていた。
後で菅さんが来て『オレが代表をやるのでなければ嫌だ』というので、兄と共同代表になった」菅氏と親しく接した人物は、その「上昇志向」「権力志向」に強い印象を受ける。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100604/plc1006042224037-n1.htm鳩山総理大臣の場合、「秘書の罪は国会議員(人間には二種類しかない。一つは、自己を罪人だと思っている義人であり、他の一つは、自己を義人だと思っている罪人である)の罪」などと断じた過去の発言がブーメランとなって自身を傷つけた。
だが、ブーメランといえば菅氏こそ“元祖使い手”を名乗る資格がある。
平成16年、年金未納問題で自由民主党側を追及していた菅氏(党代表)は、後に自らの未払いが発覚して代表辞任に追い込まれ、頭を丸めてお遍路姿で四国八十八カ所巡りを行っている。
パフォーマンス好き菅氏といえば30年前の初当選時から、その短気さから周囲に「イラ菅」とあだ名されてきたのが有名だ。
だが、では直情径行型かというとそう単純ではなく、状況次第で右にも左にも合わせる「ポピュリスト(大衆迎合政治家)」としての顔ものぞかせる。
全共闘世代に誇りを感じていて“体制側”に拒否感を持つ半面、リベラリズムへのこだわりが強い。
一方で、党内保守派に勢いがあると見ると、そこへのアピールも欠かさない。
8年9月には、旧民主党を結成して厚相を辞任するという菅氏に対し、エイズ薬害訴訟原告団の川田悦子さんが「新しい政党といっても理念もないし、応援できない」と迫った。
菅氏はこう答えたという。
「政党なんて、そんなもんですよ」そんな割り切りゆえか、無所属、社会市民連合、社民連と黙っていては埋没してしまう小政党を渡り歩いてきた経歴からか、菅氏はパフォーマンスを好む。
へ続くhttp://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100604/plc1006042224037-n2.htm

われわれは現在だけを耐え忍べばよい。 過去にも未来にも苦しむ必要はない。 過去はもう存在しないし、 未来はまだ存在していないのだから



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加