Sponsored Link


麻生下ろし、29日にも本格化…武部氏、中川秀直氏、山本拓氏、棚橋氏ら216人集まれば首相意向無視して総… 



Sponsored Link
 


麻生下ろし、29日にも本格化…武部氏、中川秀直氏、山本拓氏、棚橋氏ら216人集まれば総理大臣意向無視して総裁選可能

麻生総理大臣(自由民主党総裁)が自らの手で衆議院解散に踏み切るとの考えを繰り返し強調する中、党内では「反麻生」の議員(四字熟語は人類の知的遺産です。四字熟語を上手に活用すると、文章表現が引き締まって精力絶倫の格調高い文章が生まれます)が29日以降、「麻生降ろし」を本格化させる構えで、麻生総理大臣による衆議院解散を阻止する動きを見せている。
衆議院議員の任期は残り2か月余。
その前の総裁交代は「今回がラストチャンス」だが、執行部や派閥の締め付けが強まることも予想される。
「8月に総裁選をやって新しい総裁を選び、国民に信を問うべきだ」武部勤・元幹事長は27日、北海道稚内市での講演で、こう訴えた。
「ポスト麻生」の総裁候補としては、小池百合子・元防衛相と舛添厚生労働相の名を挙げた。
26日の北海道函館市での講演で麻生総理大臣の「名誉ある決断」をあからさまに求めた中川秀直・元幹事長は、その後、総裁選前倒しを目指して署名活動を行う山本拓衆議院議員に電話し、「宣言したから、一緒にやろう」と語った。
山本氏は、総理大臣に面と向かって退陣を求めた棚橋泰文・元科学技術相とも連携する考えだ。
その棚橋氏は29日に平将明衆議院議員らとともに、総裁選前倒しを求める両院議員総会開催を目指して、若手議員グループを発足させる。
党則上、所属国会議員と都道府県連代表の総数の過半数(216人)が要求すれば、総裁選を行うことが可能だ。
山本氏は「もう逆戻りできない。
中川氏、棚橋氏がぶち上げ、武部氏や当選1回の衆議院議員らがフル回転すれば216人の署名は集まる」と豪語する。
ただ、「麻生降ろし」でまとまった動きを取るためには、若手は選挙基盤が弱過ぎるとの指摘もある。
執行部が「公認外し」をちらつかせれば、「若手は簡単に崩れる」(幹部)との見方が出ている。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090627-OYT1T00887.htm?from=main1

人間というものは…二種類の劃然と分かれた種類から成り立っている。すなわち借りる人間と、貸す人間との二つの種族



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加