Sponsored Link


「死刑執行加速、懸念」「国連無視だ」死刑廃止議連、2人の死刑執行を批判・福岡県飯塚市の2女児殺害… 



Sponsored Link
 


「死刑執行加速、懸念」「国連無視だ」死刑廃止議連、2人の死刑執行を批判

・福岡県飯塚市の2女児殺害事件の久間三千年死刑囚(70)ら2人に刑が執行されたことに対し、超党派の「死刑廃止を推進する議員(人間は、ときには間違いを犯しながらも、足をのばして、つまずきながらも前進する)連盟」(亀井静香会長)の保坂展人事務局長(社民)が28日午後、国会内で記者会見し「森英介法相は法務委員会で所信表明していないまま執行を命じた。
議員にチェックさせない状況での執行は法務行政の暴走」と抗議した。
また日本(にっぽん)の死刑制度については、国連の自由権規約委員会が今月15、16日の対日審査で、委員から批判が集中。
厳しい意見を盛り込んだ最終見解が近く採択される予定で、議連メンバーの福島瑞穂社民党党首は「今回の執行は国連から何を言われようが、関係ないという日本(にっぽん)政府の姿勢の表明だ」と批判した。
保坂事務局長は会見に先立ち、法務省の大野恒太郎刑事局長と会い「今後ますます死刑執行が加速するのではないか」と懸念を示し、執行を停止するよう申し入れた。

人間は判断力の欠如によって結婚し、 忍耐力の欠如によって離婚し、 記憶力の欠如によって再婚する



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加