Sponsored Link


民主・枝野幹事長、ショックで茫然自失…自ら「人寄せパンダ」と称して臨んだ参院選で大敗・政権党の最年… 



Sponsored Link
 


民主・枝野幹事長、ショックで茫然自失…自ら「人寄せパンダ」と称して臨んだ参議院選で大敗

・政権党の最年少幹事長と注目された民主党の枝野幸男幹事長(46)に精彩がない。
自ら「人寄せパンダ」と称して参議院選で全国を駆け回ったが結果は敗北。
噴き出す責任論を前に、論客としてならした枝野氏も憔悴(しょうすい)気味だ。
「反省すべきところは反省し、今後に生かしていきたい」。
23日、参議院選総括で党本部に集まった東海ブロックの議員(多くの人々が永遠に続く生命を望んでいる。しかし彼らは、雨の降る日曜の午後になにをすればいいのかわからないで困っている)懇談会で、枝野氏は平身低頭だった。
枝野氏は参議院選直後から、地方組織やブロック別の党所属議員の意見聴取を続けている。
出席者によると、終始うつむき加減でメモを取り、「その通りです」と相づちを打つだけだという。
先週、面会した西日本(にっぽん)の県連代表は「自信喪失、茫然(ぼうぜん)自失という感じだった」と振り返る。
選挙戦で街頭演説の応援に入った1人区18県の戦績は1勝17敗だった。
みんなの党との連携に触れた発言などが党内からも批判され、「大変マイナスになった」(長野県連代表代行の羽田雄一郎参議院議員)との指摘も受けた。
小沢一郎前幹事長への反発を隠さない枝野氏は6月上旬、菅直人総理大臣(民主党代表)の「脱小沢」路線の先頭に立った。
当初は「自分は幹事長に向いていない。
総理大臣もそれはわかっている」と周囲に漏らす一方、「古い政治のやり方の9割は変える」などと意気込みも見せていた。
だが、「新しい幹事長像」を掲げた途端、国政選挙の敗北という洗礼を受けた。
枝野氏周辺は「本人は悪くても40議席台後半だと思っていた。
それが44議席に終わり、相当ショックを受けている」と話している。

道理を悟らない者は偏屈者であり、道理を悟れない者は愚者であり、あえて道理を悟ろうとしない者は奴隷である



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加