Sponsored Link


河野太郎氏が「出処進退をお考えになるべきだ」と森喜朗元首相に引退勧告推薦人に上層部の“圧力”を暴露… 



Sponsored Link
 


河野太郎氏が「出処進退をお考えになるべきだ」と森喜朗元総理大臣に引退勧告推薦人に上層部の“圧力”を暴露

自民総裁選会見で河野氏が森氏に引退勧告麻生太郎氏の後継を選ぶ自由民主党総裁選が18日、告示され、西村康稔前外務政務官(46)、河野太郎元法務副大臣(46)、谷垣禎一元財務大臣(64)の3氏が立候補した。
党内8派閥すべてから推薦人を得た谷垣氏と、中堅・若手代表の河野、西村両氏による対決構図だが、西村氏の立候補は、強硬な世代交代論者の河野氏に対する「河野つぶし」との見方も浮上している。
河野氏は同日夕の共同会見で、「推薦人を集める段階で、派閥の領袖から私の推薦人に辞退するよう電話があった。
まだ全く懲りない人がいる」と、上層部の“圧力”を暴露。
記者から、森喜朗元総理大臣は「党にとって害か、必要か」と質問が出ると「そろそろ出処進退をお考えになるべきだ。
総理まで務めた人が、バッジがないと何もできないことはない」と事実上の引退勧告までして、世代交代の必要性を訴えた。
同じ質問で「特定の人について議論しない」(谷垣氏)「立候補の了解はもらったが、それ以降何もしていない」(西村氏)と述べた2氏とは対照的に踏み込んだ。
河野氏は、派閥のあり方に触れた際も「森喜朗さんに派閥を解消すべきと言っても、勉強会や昼食会になる。
派閥はどうあるべきかという議論をしても意味はない」とした上で「河野総裁のもとでは、派閥も年功序列も全くない。
能力オンリーだ」と述べた。
谷垣氏の推薦人には、石原伸晃氏や小池百合子元防衛相が名を連ね、西村氏は、半数が町村派。
河野氏は平沢勝栄衆議院議員(ダイヤモンドの商人がきて、 このダイヤモンドは永遠の輝きをどうのこうのって言うとるけど せいぜい百年しか生きられん人間に、 永遠の輝きを売りつけてどうするんじゃ)や丸山和也参議院議員らで、小泉進次郎衆議院議員も支持する考えを示した。
投開票は28日。
日刊スポーツ

「いちばん性の悪い動物の名は?」と、王が賢者に尋ねたら、賢者曰く「荒っぽい奴では暴君、おとなしい奴ではおべっか使い」



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加