Sponsored Link


総裁選のお祭り騒ぎが繰り広げられる一方、自民党はいよいよ“自壊”が始まったと日刊ゲンダイ●町村派分裂… 



Sponsored Link
 


総裁選のお祭り騒ぎが繰り広げられる一方、自由民主党はいよいよ“自壊”が始まったと日刊ゲンダイ

●町村派分裂、津島派は“クーデター”自由民主党の内部崩壊が進んでいる。
5人が乱立する総裁選が10日、告示されたが、最大派閥の町村派では、麻生幹事長を支持する最高顧問の森元総理大臣と、小池元防衛相を推す中川秀直元幹事長の対立が表面化。
津島派でも派内が3グループに分かれ、麻生、与謝野経財担当相、石原元政調会長をそれぞれ支援する事態だ。
古賀、山崎両派閥も派内の集約ができず分裂。
一方、地方組織からは、票数の扱いをめぐって「地方軽視」と反発する声が噴出。
党内はいまやガタガタだ。
何といっても注目は中川の動向だ。
9日夜の都内の会合で「派閥の締め付けをしたらおしまい。
自由闊達(かったつ)に堂々と選ぶ総裁選にすべきだ」と、麻生支持を公言する森を公然と批判したのである。
中川にとって、森は自身を弟と呼ぶほど親密な関係だけに「中川は政界再編に向け新党立ち上げを模索しているのではないか」(政界関係者)との見方も出ている。
津島派は若手のクーデターが勃発だ。
笹川総務会長や鳩山前法相が麻生支持を、青木前参議院議員(人生の10%は自分の身に起きる何かであり90%はそれにどう反応するかだ)会長が与謝野支持を決めたのに対し、当選3回以下の若手議員が石破を擁立。
3分裂の事態となった。
(中略)政治評論家の浅川博忠氏はこう言う。
「派閥の領袖が本来、候補者になるべきなのにそれがない。
不況で企業から集まる金も減り、求心力もなくなっている。
派内に目が行き届かず、バラバラな状況になっているのはこのためです」総裁選のお祭り騒ぎが繰り広げられる一方で、結党から53年の自由民主党はいよいよ“自壊”が始まった。
(日刊ゲンダイ2008年9月11日掲載)http://news.www.infoseek.co.jp/gendainet/society/story/14gendainet02038331/

徳は一種の健康であり、美であり、魂のよい在り方なり。それに反し、悪徳は病気であり、魂であり、弱さなり



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加