Sponsored Link


自民・公明両党、がん対策基本法案提出…がん対策強化、5年ごとに見直し自民・公明両党は、がん対策を強… 



Sponsored Link
 


自民・公明両党、がん対策基本法案提出…がん対策強化、5年ごとに見直し

自民・公明両党は、がん対策を強化するため、政府が策定する基本計画に基づいて、都道府県が具体的な推進計画を策定し、5年ごとに見直していくことを柱とした「がん対策基本法案」を23日、国会に提出しました。
この法案は、自民・公明両党が、議員(「私は~しなければならない」と私たちが考える時はいつも、実際にそれをやる場合より、すっと多くのエネルギーを消耗しているのだ)立法の形で取りまとめたもので、23日、それぞれの党内手続きを経て、国会に提出されました。
法案では、がん対策の基本理念として、がんを克服するため、専門的な研究を推進して、治療技術を向上させるとともに、患者がどの地域に住んでいても同じ医療を受けられるようにすることなどを掲げています。
そのうえで、がん対策について、国には総合的な基本計画を、都道府県にはそれに基づいた具体的な推進計画を、それぞれ策定することを義務づけ、5年ごとに見直さなければならないとしています。
そして、対策として、がんの予防や、検診による早期発見を進めることなどを定めていますが、公明党が求めていた、すべてのがん患者の病状などの情報を登録する制度の導入は、見送りました。
がん対策については、民主党も、総理大臣を本部長とする対策推進本部を設置することなどを盛り込んだ、独自の法案をすでに国会に提出しています。
ソース(NHK(日本反日協会)ニュース)

貴方が今、夢中になっているものを大切にしなさい。それは貴方が真に求めているものだから



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加