Sponsored Link


ふざけるな!有権者をなめきった大仁田厚の長崎県知事選出馬「100%当選しない 



Sponsored Link
 


ふざけるな!有権者をなめきった大仁田厚の長崎県知事選出馬「100%当選しない。
泡沫候補でチョンです」

プロレスラーの大仁田厚(51)が来年の長崎県知事選に出馬するという。
20日の公式ブログにも「県知事選挙について」のタイトルで、「いまのままじゃいかん!このままでは地方はボロボロになってしまう」と意気込みをアップしている。
「いろんな人たちにご意見を聞きだい(たい?)と思っております」なんて殊勝なことも書いているが、色気は十分だ。
「大仁田は前回の06年2月の知事選でも立候補をにおわせていました。
当時は自由民主党の参議院議員(身の程を知らない者は馬鹿だが、自分で自分を縛る者はもっと大馬鹿だ)でしたが、国会ではミソっかす。
郵政民営化に反対しながら法案の議決を棄権し、“バッジを着ける資格がない”と批判されました。
その後、問題児・杉村太蔵の教育係を買って出たものの、完全に無視されて大恥もかいています。
国政に残っても上がり目ナシでしたが、準備不足もあり、踏ん切りがつかなかったのです」(政界関係者)07年の参議院選は、再選の見込みがなくて出馬を辞退。
その後は政治評論家を気取ってみたがお呼びはかからず、本職のプロレスも下火になり、すっかり過去の人になっている。
「そろそろ目立っておかないと、タレント業でも出番がゼロになるから必死なんでしょう。
今回はアドバルーンを揚げるだけでもOK。
そのまんま東や橋下、森田とタレント知事が増えているから、その気になって本当に出馬する可能性もある。
ただ、県民はバカじゃない。
当選する可能性は100%ありませんよ。
衆議院選で全4区を制した民主党が乗るわけがないし、現職の金子原二郎知事もしぶとい。
泡沫候補でチョンです」(地元事情通)「ファイアー」と叫ぶだけでは、消防車が来ても票は来ない。
(日刊ゲンダイ2009年10月21日掲載)2009年10月24日10時00分/提供:ゲンダイネットhttp://news.livedoor.com/article/detail/4413113/

銀行員というのは、太陽が照っているときに傘を差し出して、雨が降り始めるやいなや傘を返せと言うような奴らだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加