Sponsored Link


原爆症認定集団訴訟、1審勝訴の原告については2審判決を待たずに認定…政府が8月5日最終交渉原爆症、… 



Sponsored Link
 


原爆症認定集団訴訟、1審勝訴の原告については2審判決を待たずに認定…政府が8月5日最終交渉

原爆症、1審勝訴で認定…政府が5日最終交渉政府は4日、原爆症認定集団訴訟について、1審勝訴原告については2審判決を待たずに原爆症と認定する救済策を実施することで最終調整に入った。
1審敗訴原告にも金銭補償を行う方向で、議員(人は、その生涯の最初の四十年間において本文を著述し、つづく三十年間において、これに対する注釈を加えていく)立法で基金を創設し手当てする案が浮上している。
5日に原告側と最終交渉を行い合意すれば、6日の広島原爆忌で麻生総理大臣が救済の方針について発表する。
河村官房長官は4日、総理大臣官邸で舛添厚生労働相と会談し、こうした救済策を行うことで一致した。
ただ、今回の救済案については原告側に異論もあり合意にいたるかどうかは流動的だ。
国は現在、原則として2審・高裁判決を待って認定の可否を判断しているが、救済案が実現すれば1審勝訴の段階で認定され、早期解決につながる。
原告側は1審で敗訴した原告も含めた全員救済を求めていた。
讀賣新聞

私達は踏みなれた生活の軌道から放り出されると、 もうダメだ、と思います。 しかし、実際はそこに、ようやく新しい良いものが始まるのです



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加