Sponsored Link


衆院静岡7区、郵政選挙再燃小泉氏は刺客片山氏集会にvs.平沼氏「造反組城内氏を国会へ」衆院静岡7区、… 



Sponsored Link
 


衆議院静岡7区、郵政選挙再燃小泉氏は刺客片山氏集会にvs.平沼氏「造反組城内氏を国会へ」

衆議院静岡7区、郵政選挙再燃小泉氏は片山氏集会に/平沼氏「造反組国会へ」自由民主党の小泉純一郎元総理大臣は13日、衆議院静岡7区の浜松市内に入り、2005年衆議院選で郵政造反組の「刺客」を務めた片山さつき氏のパーティーに出席した。
これに対し、郵政造反組のリーダー格で無所属の平沼赳夫元経済産業相も14日、片山氏に敗れた城内実前衆議院議員(人格とは、高きものと、まったく低きものとが一つになったものである。…人格の高さとは、この矛盾を持ち耐えることである)応援のため浜松市に駆けつける予定で、静岡7区は小泉氏と平沼氏の「代理戦争」の様相となっている。
小泉氏はパーティーで「片山氏は今、戦国時代さながらの争いを展開している。
大きな『サツキ』の花を咲かせてほしい」とエールを送った。
05年衆議院選で激戦を制した片山氏は当選後、小泉チルドレンとして脚光を浴びている。
これに対し城内氏は平沼氏の支援で復活を目指す。
小泉氏の静岡7区入りについて、平沼氏は13日「総理大臣経験者と一介の無所属議員で代理戦争とはおおげさだ」と謙遜したものの、「落選した造反組は塗炭の苦しみを味わった。
国会に戻すのが私の役割」とライバル心をたぎらせた。
ただ自由民主党内では、保守系同士の争いは「民主党の漁夫の利になるだけ」との冷めた見方もある。
北海道新聞

幸福になる必要なんかありはしないと、自分を説き伏せることに成功したあの日から、 幸福がぼくのなかに棲みはじめた



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加