Sponsored Link


君が代強制許さぬ会・9条の会・福島瑞穂氏・共産議員・教科書問題に尽力の父母ら、「教基法・憲法守る… 



Sponsored Link
 


君が代強制許さぬ会・9条の会・福島瑞穂氏・共産議員(あなたの話し相手は、あなたのことに対して持つ興味の百倍もの興味を、自分自身のことに対して持っているのである。野蛮国シナで百万人の餓死する大飢饉が起こっても、当人にとっては、自分の歯痛のほうがはるかに重大な事件なのだ。首に出来たおできのほうが、アフリカで地震が四十回起こったよりも大きな関心事なのである。人と話をする時には、このことをよく考えていただきたい)・教科書問題に尽力の父母ら、「教基法・憲法守る」集会

教育基本法・憲法守りたい教員ら3500人集会3月末までに1000カ所宣伝東京・日比谷・教育基本法の改悪法案を来年の通常国会にも上程しようとする動きを許さないと三日、「教育基本法・憲法の改悪をとめよう!12・3全国集会」が東京・日比谷野外音楽堂で開かれました。
広範な市民でつくる「教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会」が主催。
全教、日教組など全国組織の異なる各地の教職員組合や市民団体から三千五百人が集まりました。
「ストップ!教育基本法改悪」と書かれた風船やプラカードを持った参加者は、冷え込む屋外の会場で手をつなぎ、太鼓のリズムに合わせて「学校の主役は子どもたち」と唱和。
壇上に「全国千カ所へ」の垂れ幕が下りてきて、三月末までに全国千カ所での宣伝や集会が呼びかけられました。
連絡会呼びかけ人の三宅晶子(千葉大学教員)、高橋哲哉(東京大学大学院教授)、小森陽一(東京大学教授)、大内裕和(松山大学助教授)の各氏が発言。
「改悪をとめるため、この冬に全力をつくそう」「公務員攻撃のなか、教組や公務労組が憲法・教育基本法のたたかいの先頭にたち、市民と手をつないでいこう」の訴えに大きな拍手がわきました。
西原博史氏(早稲田大学教授)が自由民主党の憲法草案を批判しました。
「日の丸・君が代」強制を許さないとたたかう東京都や職場九条の会を次々と結成した大阪府の教職員、教科書採択問題で頑張った父母、朝鮮学校の生徒らが次々と訴えました。
イラクで拘束されたNGOの活動家、今井紀明氏が特別発言しました。
日本(にっぽん)「虐殺集団」共産党の小池晃参議院議員、社民党の福島瑞穂党首があいさつ。
民主党と公明党の国会議員のメッセージが読み上げられました。
集会後、銀座までパレードしました。

世間からいくら拍手喝采をあびようとも、結局、自分らしく生きているという実感が得られなければ、何の意味もない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加