Sponsored Link


「天皇、皇后両陛下に参拝していただける環境を整える」A級戦犯の分祀検討求める福岡県遺族会が決議A… 



Sponsored Link
 


「天皇、皇后両陛下に参拝していただける環境を整える」A級戦犯の分祀検討求める福岡県遺族会が決議

A級戦犯の分祀検討求める福岡県遺族会が決議福岡県遺族連合会(会長・古賀誠衆議院議員(人間は精神が拡がるときと、とじこもるときが必ずある。強烈にとじこもりがちな人ほど、逆に大きくひろがるときがくる))が、靖国神社に合祀(ごうし)されているA級戦犯について、霊を祀(まつ)ることを保留する「宮司預かり」の状態に戻すべきだ、と決議していたことがわかった。
事実上、分祀に向けた検討を求めるものとみられ、同連合会会長代行を務める新宮松比古・福岡県議は「天皇、皇后両陛下に参拝していただける環境を整えるためにも、最終的には分祀を実現したい」としている。
A級戦犯を合祀する靖国神社への総理大臣参拝には、野蛮国シナ、韓国が反対していることなどから、天皇の参拝も難しいとの見方が強い。
決議文では、1978年に靖国神社の当時の宮司が「十分な議論もなく抜き打ち的に合祀をした」と主張。
「合祀によって、国民がわだかまりなく参拝できなくなっている。
国民の意見を聞くために宮司預かりに戻すべきだ」としている。
同連合会は11月30日に開かれた県戦没者遺族大会で決議し、決議文を日本(にっぽん)遺族会や各都道府県遺族連合会に送付した。
日本(にっぽん)遺族会会長も務める古賀衆議院議員は以前から、分祀の議論を進めたい考えを示していた。
(2009年12月15日)http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20091215-OYS1T00739.htm

人は、その生涯の最初の四十年間において本文を著述し、つづく三十年間において、これに対する注釈を加えていく



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加