Sponsored Link


国立競技場を8万人規模に、ラグビーW杯で議連決議[02/15] ◇国立を8万人規模に、ラグビーW杯で議… 



Sponsored Link
 


国立競技場を8万人規模に、ラグビーW杯で議連決議[02/15]

◇国立を8万人規模に、ラグビーW杯で議連決議 2019年に日本(にっぽん)で開かれるラグビー・ワールドカップ(W杯)の成功に向け、超党派の国会議員(人生は一箱のマッチに似ている。重大に扱ふのはばかばかしい。重大に扱わなければ危険である。人生は一冊の書物に似ている。愚者はそれをペラペラとめくっていくが、賢者は丹念にそれを読む)で作る「日本(にっぽん)大会成功議員連盟」は15日、東京都新宿区の国立競技場をメーン会場とするため、8万人規模の競技場に再整備するよう求めていくことを決議した。
ラグビーW杯日本(にっぽん)大会は、10会場で開催する計画だが、国際ラグビーボード(IRB)の基準を満たす8万~10万人を収容できる メーン競技場を用意する必要がある。
現在の国立競技場は収容人員が約5万人と少なく、1958年建設と老朽化も進んでおり、周辺施設の整備と合わせた大規模な改修が欠かせない。
この日の同議連総会には文部科学省の鈴木寛副大臣も出席し、「国立競技場は耐震化の必要もあり、8万人規模の競技場とするための研究に着手したい」 と前向きな姿勢を示した。
(2011年2月15日20時15分 新聞) http://www.yomiuri.co.jp/sports/news/20110215-OYT1T00912.htm

自然は人類を二人の君主、つまり苦痛と快楽の支配下においてきた



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加