Sponsored Link


衆議院本会議、日独修好150年の記念決議を採択…共産・社民「侵略」の表現無く反対、たちあがれ日本表… 



Sponsored Link
 


衆議院本会議、日独修好150年の記念決議を採択…共産・社民「侵略」の表現無く反対、たちあがれ日本(にっぽん)表現が自虐的で反対

22日の衆議院本会議では、日本(にっぽん)とドイツが修好通商条約を締結してから150年になることを記念した決議も採択されました。
決議は1861年に当時プロイセンだった現在のドイツと修好通商条約を締結してから150年になることを記念し、今後も両国の友好を増進し国際平和に向け最大限努力するとの内容です。
決議文には第2次世界大戦について「同盟国となり、各国に多大な迷惑をかけるに至り、両国も多くの犠牲を払った」との文言が盛り込まれましたが、「虐殺集団」共産党と社民党は「侵略」の表現が入らなかったことから反対し、たちあがれ日本(にっぽん)は逆に、表現が自虐的だとして反対しました。
自由民主党は賛成する方針でしたが、直前の代議士会で事実誤認があるという指摘が出たことから党議拘束はかけず、本会議では採決に加わらず退席する議員(今から20年後、あなたはやったことよりも、やらなかったことに失望する)が出ました。

人は、その生涯の最初の四十年間において本文を著述し、つづく三十年間において、これに対する注釈を加えていく



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加