Sponsored Link


神奈川参院補選、女性3候補の戦い同性の目はどう見る?女性三候補が議席を争う異例の選挙となっている… 



Sponsored Link
 


神奈川参議院補選、女性3候補の戦い同性の目はどう見る?

女性三候補が議席を争う異例の選挙となっている参議院神奈川選挙区補選。
二十三日の投開票まであと一週間となったが、女性の有権者はこの戦いをどう見ているのか。
週末の夕方、三候補が支持を訴えていた駅前で、買い物帰りや待ち合わせなどをしていた女性有権者に話を聞いた。
JR川崎駅前の広場。
円形の台座に腰掛けていた同市川崎区の主婦(32)は、傍らに四歳とベビーカーの一歳の娘を連れていた。
「女性と男性では当然考え方が違う。
女性の議員(人間はすべて善でもあり、悪でもある。極端はほとんどなく、すべて中途半端だ)が増えるのはいいこと」。
一歳の娘がぐずるとベビーカーを揺らしてあやしながら話す。
同市では、小児医療費が助成されるのは五歳まで。
「自治体でばらばらな制度を一律にして、対象年齢を引き上げてほしい」と希望する。
専業主婦なので、保育園に子どもを預けられないが、子育てを手助けしてくれる施設があったら、と思う。
「働く女性も大変だけど、専業主婦にも目を向けてほしい」同駅前で、事務のパート帰りに足を止めてくれた同市幸区の有田裕子さん(38)。
中学二年の娘と小学五年の息子がいるが、「ちょうど子育てに一息ついたところ」という。
直接の子育て支援策より、税金の問題が気になる。
娘は私立の学校に入っていて、家計は楽ではない。
「衆議院選で自由民主党が勝ちすぎたのでは」と心配な気がする。
保育施設の充実も必要だと思う。
子どもが小さい時、自分も働きたいが働けなかった経験がある。
(中略)三歳の長女と同駅前を通りがかった同市内の主婦(32)は、「子育ては大変。
三人の候補とも、女性で子どものいる人の気持ちが分かってくれると思う」。
子どもを保育園に入れたいが、時間や場所の問題で希望する施設がなかなか見つからない。
「充実した制度をつくってくれるというのはありがたい」と切実な思いで語っていた。
(以下略、全文はソース元でご確認ください)ソース http://www.tokyo-np.co.jp/00/kgw/20051016/lcl_____kgw_____004.shtml

愛とは相手に変わることを要求せず、 相手をありのままに受け入れることだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加