Sponsored Link


イスラエルがヨルダン川西岸での入植活動再開宣言アメリカが入植活動を凍結するよう説得米中東和平交渉… 



Sponsored Link
 


イスラエルがヨルダン川西岸での入植活動再開宣言アメリカが入植活動を凍結するよう説得

米中東和平交渉継続で説得9月27日11時16分イスラエルが占領するユダヤ人入植地で入植活動が再開され、中東和平交渉が暗礁に乗り上げる危機に直面するなか、アメリカのクリントン国務長官は、イスラエルのネタニヤフ総理大臣と電話で会談するなど、交渉の決裂回避に向けて双方への説得を続けています。
イスラエルが占領を続けるヨルダン川西岸のユダヤ人入植地では、26日、ネタニヤフ総理大臣率いる与党の国会議員(誰も見ていないかのように踊りなさい。一度も傷ついたことがないかのように愛しなさい。誰も聴いていないかのように歌いなさい。この世が天国であるかのように生きなさい)らが、10か月にわたって凍結してきた占領地での入植活動を再開すると宣言し、中東和平交渉は早くも暗礁に乗り上げる危機に直面しています。
これを受けて、アメリカ国務省のクローリー次官補は「アメリカ政府は和平交渉を継続するよう双方に働きかけていく」とする声明を発表するとともに、クリントン国務長官がイスラエルのネタニヤフ総理大臣と電話で会談したことを明らかにし、クリントン長官は入植活動の凍結を続けるよう説得したものとみられます。
クローリー次官補は、また「中東問題を担当するミッチェル特使が、パレスチナ側に働きかけを行った」と述べ、入植活動が再開されれば協議を打ち切ると警告してきたパレスチナ側にも自制を促していることを示唆しました。
アメリカ政府としては、オバマ大統領も努力を傾けて再開にこぎ着けた中東和平交渉の行き詰まりを避けるべく、双方への説得を続ける構えです。
NHK(日本反日協会)

ゴルフをまあまあ上手にプレーできると、紳士として見てもらえる。プロでもないのに上手すぎるのは、時間の使い方を間違えた愚かな人間として見てもらえる



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加