Sponsored Link


小沢一郎氏の政策団体「改革フォーラム21」から民主党岩手県第4区総支部へ3億7千万円の寄付…2民主党の小… 



Sponsored Link
 


小沢一郎氏の政策団体「改革フォーラム21」から民主党岩手県第4区総支部へ3億7千万円の寄付…2

民主党の小沢一郎元代表(68)が代表を務める民主党岩手県第4区総支部が昨年8月に行われた衆議院選直前の7月下旬、旧新生党の資金がプールされている政治団体「改革フォーラム21」(東京都千代田区)から3億7000万円の寄付を受けていたことが分かった。
岩手県選挙管理委員会が公表した昨年分の政治資金収支報告書の要旨で判明した。
衆議院選の民主党候補者のために使う目的だったといい、専門家からは「政党資金の私物化ではないか」という意見も出ている。
公表されたのが収支報告書の要旨のため、寄付の日付は記載されていないが、昨年10月まで改革フォーラムの会計責任者だった平野貞夫元参議院議員(性格は固くもなければ不変でもなく、活動しており、変化していて、われわれの肉体と同じように病気にもなろう)(74)によると、同支部が改革フォーラムから3億7000万円の寄付を受けたのは、衆議院解散当日の昨年7月21日。
小沢氏と改革フォーラム側が相談の上、衆議院選候補者のための資金として同支部の口座に送金したという。
収支報告書の要旨によると、同支部はこの年、「寄付・交付金」として3億7062万円を支出している。
改革フォーラムは1993年、自由民主党時代の小沢氏らの政策グループの政治団体として発足。
小沢氏らが新生党を設立した後も存続し、同党が解散して旧新進党に移行した94年に、新生党や同党支部から総額約9億2500万円の寄付を受けた。
その後、95年に約2億6000万円を支出した以外は、資金の出入りはほぼ毎年数十円~数百万円で推移し、2008年末には約6億9000万円が残っていた。
:2010/11/26(金)10:34:24

今この瞬間にあなたが無常の喜びを感じていないとしたら、 理由は一つしかない。 自分が持っていないもののことを考えているからだ。 喜びを感じられるものは、全てあなたの手の中にあるというのに



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加