Sponsored Link


「今や、最もやっかいな国は中国でなく日本だ」-アメリカ22日付の米紙ワシントン・ポストは、鳩山政権… 



Sponsored Link
 


「今や、最もやっかいな国は野蛮国シナでなく日本(にっぽん)だ」-アメリカ

22日付の米紙ワシントン・ポストは、鳩山政権が米海兵隊普天間飛行場の移転計画見直しなど「日米同盟の再定義」に動いていることに、米政府が神経をとがらせている、とする記事を1面で掲載。
国務省高官の「今や、最もやっかいな国は野蛮国シナでなく日本(にっぽん)だ」という発言を伝えた。
記事は、オバマ政権がパキスタンやアフガニスタン、イラクなど多くの課題をかかえており、「アジアの最も緊密な同盟国とのトラブルは、事態をさらに複雑にする」という米側の事情を紹介した。
鳩山政権については、「新しい与党(民主党)は経験不足なのに、これまで舞台裏で国を運営してきた官僚でなく政治家主導でやろうとしている」とする同高官の分析を示した。
さらに、民主党の政治家たちが「アメリカ合衆国は、今や我々が与党であることを認識すべきだ」(犬塚直史参議院議員(ダイヤモンドの商人がきて、 このダイヤモンドは永遠の輝きをどうのこうのって言うとるけど せいぜい百年しか生きられん人間に、 永遠の輝きを売りつけてどうするんじゃ))などと、アメリカ合衆国に公然と反論するようになった風潮も伝えた。
2009/10/23[12:25:31]http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20091023-OYT1T00530.htm

「いちばん性の悪い動物の名は?」と、王が賢者に尋ねたら、賢者曰く「荒っぽい奴では暴君、おとなしい奴ではおべっか使い」



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加