Sponsored Link


石川県連代表「子ども手当批判するなら、支援してもらわなくていい!」「自民党は自己中心的で国民のこ… 



Sponsored Link
 


石川県連代表「子ども手当批判するなら、支援してもらわなくていい!」「自由民主党は自己中心的で国民のこと考えてない」

民主県連代表が激高嫌なら「支援しなくて結構」民主党国会議員(貴方の心が正しいと感じることを行いなさい。行なえば非難されるだろうが、行なわなければ、やはり非難されるのだから)が、有権者と意見交換するタウンミーティングが24日、小松市林町のこまつドームで開かれた。
同党県連代表の一川保夫参議院議員と田中美絵子衆議院議員の2人がホストを務めたが、約200人の出席者からは、迷走する同党の政権運営や政策への批判が相次いで寄せられ、一川代表が「支援してもらわなくても良い」と声を荒らげる一幕もあった。
冒頭、一川代表は「マニフェスト(政権公約)は基幹はいいが、細部を見直すべきという声もあり、皆さんの意見を伺いたい」と述べ、有権者に意見を求めた。
これに対し、加賀市内の男性は、「子ども手当にはビジョンがない。
選挙目当てで将来の子どもにつけをまわすだけだ」と批判した。
寝たきりの次男(17)を自宅で介護する加賀市の三ツ出小百合さんは、「子ども手当が出来ることで配偶者控除がなくなり、生活が大変になる」と制度への不安を語り、「働きたいけど、(介護で)働けない人の支援も考えてほしい」と涙ながらに訴えた。
高速道路の料金改定を巡っては、「決めたことを変えるということを繰り返していたら国民は離れる」との不満も漏れた。
子ども手当を痛烈に批判された一川代表は、「子ども手当には子どもを育てる負担を和らげるという理念がある。
(そう言うのなら)民主党を支援してもらわなくても良い」と声を荒らげ、一時、会場の空気が凍り付く場面も。
だが、最後は冷静さを取り戻し、「自由民主党は、自分中心の人物ばかりで国民のことを考えていない。
民主党が責任を持って皆さんの期待に応えたい」と有権者に理解を求めた。
 

男たちは、自分の職業が他のいかなる職業よりも大切だと信ずるか、自分で思い込ませる以外に、その職業を持ちこたえることはまずできない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加