Sponsored Link


9月にある代表選挙で、菅おろしが本格化する政治記者の関心はすでにポスト菅次の首相の一番人気は相変わ… 



Sponsored Link
 


9月にある代表選挙で、菅おろしが本格化する政治記者の関心はすでにポスト菅次の総理大臣の一番人気は相変わらず岡田克也外相

「ダイヤモンド」が消費税の大特集を組んでいる。
民主党、自由民主党ともに10%アップを謳っているが、財政再建には「14~19%アップ」しなければ、社会保障制度改革と財政赤字の削減を並行してはできない、今の消費税制度は欠陥だらけだなど、消費税を考える上で参考になる問題提起や、菅総理大臣の知恵袋といわれる小野義康大阪大学社会経済研究所所長を登場させて、多角的に論じている。
「(消費税が=筆者注)10%。
20%となれば、ひずみも拡大される。
国も事業者も早晩、直視せざるをえなくなるだろう」(ダイヤモンド)投票前に必読である。
菅直人総理大臣が笛吹けど踊らぬ民主党候補たちに業を煮やし、総理大臣自ら消費税など税制改革の必要性を訴えるメールを出したそうだが、踊る者はほとんどいないようだ。
関心はすでにポスト菅『次』の人気はダントツ岡田「週刊現代」が政治記者72人にアンケートしている。
民主党の予想獲得議席数では、「もっとも多かった回答は『51~54議席』で、33票。
『50議席以下』という予想も16票あった」とし、菅総理大臣が勝敗ラインとしている54議席は苦しいと考えている記者が多いようだ。
そうなると、9月にある代表選挙で、菅おろしが本格化することは間違いない。
注目は次の総理大臣だが、一番人気は相変わらず岡田克也外相が(18票)圧勝している。
興味深いのが、小沢一郎前幹事長が離党するかという問いに、約半数の34人が「する」と答え、その場合、追随する議員(人生に命を賭けていないんだ。だから、とかくただの傍観者になってしまう)の数は20人以下(20人)、50人程度だろう(34人)と、それほどいないと見ているようだ。
だが、近い将来、政界再編が起こるかという質問には、52人もの記者が「起きる」と答えている。
その理由の中で納得できるのは、「今回の参議院選も、民主党と自由民主党はほとんど政策が同じで、有権者が選べない。
『安全保障』『経済』『社会保障』と、何でもいいから理念が一致する人たちで政界再編をして、スッキリしたほうがいい」(全国紙記者K氏)という意見であろう。
http://www.j-cast.com/tv/2010/07/08070649.html

社交においては長所によってよりも、欠点によって気に入られることのほうが、はるかに多い



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加