Sponsored Link


民主・谷亮子議員に柔道界から引退勧告!「両立できないなら身を引け」(全柔連)と最後通告参院選で初… 



Sponsored Link
 


民主・谷亮子議員(人生は一箱のマッチに似ている。重大に扱ふのはばかばかしい。重大に扱わなければ危険である。人生は一冊の書物に似ている。愚者はそれをペラペラとめくっていくが、賢者は丹念にそれを読む)に柔道界から引退勧告!「両立できないなら身を引け」(全柔連)と最後通告

参議院選で初当選した柔道オリンピック金メダリスト・谷亮子氏(34)=民主・比例=に12日、柔道界から“最後通告”が突きつけられた。
全日本(にっぽん)柔道連盟の吉村和郎強化委員長(59)が、「当選したことで、現役続行は非常に厳しくなる。
両立できないなら(一線から)身を引いた方がいい」と言明した。
政務と2年後の2012年ロンドンオリンピック挑戦という「二足のワラジ宣言」をした谷氏は、不出場ならオリンピック挑戦が厳しくなる11月の講道館杯(20、21日・千葉)で試合復帰を目指すが、柔(やわら)の道はイバラの道と言えそうだ。
選挙では開票後に約3分で初当選を決めた谷氏だが、オリンピックの方は“楽勝”とはいかないようだ。
この日、夕方のテレビジョン番組に生出演した際、初当選の感想を柔道に例えて「一本勝ちだと思う」と答えた谷氏。
だが、出馬表明時に「ロンドンで金メダルを目指す」とした二足のワラジ宣言は、トーンダウン。
当選後と同じく「柔道の方も続けていけるように努力はします。
だけども公務はしっかりしたい」と冷静な口調だった。
主婦、政治家、柔道家の三役をこなす決意に変わりはない。
だが、全柔連の強化トップで、オリンピック選考の最高責任者である吉村委員長には、首を横に振られた。
この日、スペインでの代表合宿の視察のため成田空港から離日する際、「当選したことで現役続行は非常に厳しくなる。
ケジメをつけてほしい。
両立できないなら身を引いた方がいい」などと決断を迫った。
(後略)(スポーツ報知)(後略部分はソースで)

一日だけ幸せでいたいならば、床屋にいけ。 一週間だけ幸せでいたいなら、車を買え。 一ヶ月だけ幸せでいたいなら、家を買え。 一年だけ幸せでいたいなら、結婚をしろ。 一生幸せでいたいなら、正直でいることだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加