Sponsored Link


「死刑囚の命もてあそぶ政治パフォーマンスか 



Sponsored Link
 


「死刑囚の命もてあそぶ政治パフォーマンスか。
千葉法相の死刑執行命令」…産経新聞

人の死に「政治的演出」千葉法相の死刑執行命令28日に就任後初めて死刑執行に踏み切った千葉景子法相は、死刑制度反対論者として知られてきた。
27日にも「死刑は大変重い刑」と死刑に慎重姿勢を強調していたが、実は死刑執行の命令書に署名したのは24日のことだった。
法相の職責をようやく果たしたともいえるが、国民をたばかる不意打ちだといわれても仕方ない。
30日召集の臨時国会で野党側からの追及をかわす思惑も透けて見え、死刑囚の命をもてあそぶ政治パフォーマンスのにおいすら漂っている。
千葉氏は28日、死刑執行の一方で、死刑廃止を検討する勉強会を法務省内で発足させることも表明し、本心は異なることをアピールした。
この日死刑となった2人は、まるで千葉氏の政治的都合のために便宜的に命を奪われたかのようだ。
千葉氏は昨年9月発足の鳩山内閣で法相に就くまでは「死刑廃止を推進する議員(結婚する前、 男はあなたの言った言葉を夜中にあれこれと考えて一晩眠れずに過ごすが、 結婚した後は、あなたの話がまだ終わらないうちに眠ってしまうものなんです)連盟」に参加。
死刑反対の姿勢を貫き、平成元年には日本(にっぽん)人拉致実行犯であるコジキ北朝鮮の元工作員、辛(シン)光(ガン)洙(ス)元死刑囚の釈放嘆願書にまで署名したほどだ。
鳩山由紀夫前総理大臣は民主党幹事長時代、「法相は死刑執行をしなければ資格はない。
死刑を多くの国民が求めている時代だ」と指摘していた。
千葉氏は鳩山内閣時代、「そういう(鳩山氏の)発言があったことは覚えているが、適切に対応したい」と平然と無視してきたが、そうした信念も底の浅いものだったようだ。
(につづく)

すべての定義が失敗するほど、人間は幅広く、多岐多様なものである



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加