Sponsored Link


数千万円の使途不明金が発覚した社会福祉法人が自民党前議員のパー券購入前議員は「取材は一切控えさせ… 



Sponsored Link
 


数千万円の使途不明金が発覚した社会福祉法人が自由民主党前議員(時の歩みには三とおりある。未来はためらいながら近づき、現在は矢のように飛び去り、過去は永遠に静止している)のパー券購入前議員は「取材は一切控えさせていただきたい」

数千万円の使途不明金発覚の社会福祉法人が自民前議員のパー券購入2008年度までの3年間で数千万円の使途不明金が発覚した社会福祉法人「全国精神障害者社会復帰施設協会(全精社協)」が、07~08年にかけて、自由民主党前衆議院議員の政治資金パーティー券計140万円分を購入していたことが15日、分かった。
協会の内部調査や、厚生労働省が今年4月に行った監査で、領収書が確認された。
政治資金規正法は、国から補助金を受けている団体から政治団体への寄付を原則禁止。
全精社協は厚生労働省から補助金を受けており、同法に抵触する可能性がある。
前議員は、厚労行政に詳しく、7期連続当選したが、8月の衆議院選で落選。
前議員は事務所を通じて「取材は一切控えさせていただきたい」としている。
複数の協会幹部によると、政治資金パーティーは、前議員の政治団体が主催した「政経フォーラム」。
07年度には40万円分を3回にわたり購入。
1回当たりの内訳は協会名義で20万円と、会長、特別顧問名義で各10万円だった。
また昨年6月17日に東京都内のホテルで開かれたパーティーでは20万円分を事前に購入し、協会あての領収書を同月12日付で受領。
しかし帳簿上では、同年5月9日に理事4人が5万円ずつ支出した立て替え金として処理し、その後も4人から返済はされていない。
購入にかかわった経理担当の元職員は取材に「幹部から指示された。
厚労行政に強い前議員にはよく陳情に行っていた」と説明。
理事の1人は「パーティーには行ったこともなく、券を購入したことも知らない」と話している。
スポーツ報知

ダイヤモンドの商人がきて、 このダイヤモンドは永遠の輝きをどうのこうのって言うとるけど せいぜい百年しか生きられん人間に、 永遠の輝きを売りつけてどうするんじゃ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加