Sponsored Link


国の形研究会代表の土肥氏「竹島、日本の領土と言えぬ 



Sponsored Link
 


国の形研究会代表の土肥氏「竹島、日本(にっぽん)の領土と言えぬ。
日本(にっぽん)は領有の主張を中止しろ」…韓国議員(およそ人を扱う場合には、相手を論理の動物だと思ってはならない。相手は感情の動物であり、しかも偏見に満ち、自尊心と虚栄心によって行動するということを、よくよく心得ておかねばならない)と公式共同宣言46

民主・土肥氏「竹島領有権、日本(にっぽん)は主張中止を」韓国議員と共同宣言会見まで先月末わが国固有の領土にもかかわらず韓国が不法占拠を続けている竹島について、衆議院政治倫理審査会会長で菅直人総理大臣が主宰する政策グループ顧問の土肥隆一衆議院議員(兵庫3区)が「日韓キリスト教議員連盟」の日本(にっぽん)側会長として、日本(にっぽん)政府に竹島の領有権主張中止などを求める同議連の日韓共同宣言に名を連ね、韓国の国会で共同記者会見していたことが9日、分かった。
土肥氏は産経新聞の取材に「個人的には、竹島は日本(にっぽん)の領土とは一概にはいえないのではと思っている」と話している。
共同宣言文のタイトルは、「和解と平和を成す韓日両国の未来を開いていこう」。
日本(にっぽん)に対し「歴史教科書の歪曲(わいきょく)と独島(韓国が主張する竹島の名)領有権主張を直ちに中止する」などの3項目を要求。
議連の日本(にっぽん)側会長の土肥氏ら3人の連名としている。
土肥氏によると、共同宣言は先月27日、韓国の植民地支配下の独立運動を記念した「3.1節」の関連行事の一つとして開催された、同議連の共同記者会見で発表された。
土肥氏は日本(にっぽん)側会長の立場で、日本(にっぽん)から唯一出席。
韓国には当日入り、式典の前に「この共同宣言を発表したい」と日本(にっぽん)語訳が添付された宣言文案を渡され、内容を確認して了承、共同会見に臨んだという。
土肥氏は産経新聞の取材に「共同宣言は外交交渉上有効になるようなものではない」と説明。
「この議連は本来、キリスト教的精神で日韓問題を考えようという趣旨のもの。
どちらか一方だけが悪いということにはならないはずだが、韓国では竹島、慰安婦、教科書、靖国に対する自国の主張を述べないと、日本(にっぽん)と向き合ったことにならない」とも述べ、韓国側が作成した宣言文に理解を示した。
(続く) (1:03/09(水)14:28):

自分が出したアイデアを、 少なくとも一回は人に笑われるようでなければ、 独創的な発想をしているとは言えない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加