Sponsored Link


前回は自公社推薦→突然、民主党に単独推薦を要請態度豹変の“すり寄り川崎市長”に民主党は拒否態度ひょう… 



Sponsored Link
 


前回は自公社推薦→突然、民主党に単独推薦を要請態度豹変の“すり寄り川崎市長”に民主党は拒否

態度ひょう変の“すり寄り市長”に民主は拒否10月25日投開票の川崎市長選の構図が民主党の衆議院選大勝を受け大きく変化した。
前回は民主、自民、公明、社民各党の推薦を受けた阿部孝夫市長(66)が突然、民主党に単独推薦を要請。
だが民主党はこれを拒否し松沢成文神奈川県知事の元秘書福田紀彦県議(37)の擁立を決めたためだ。
3選を目指す阿部市長は「政党から距離を置く中立の立場」を強調、衆議院選ではどの候補者も応援しなかった。
だが衆議院選後、民主党が独自候補擁立の方針を決めると「政権政党に乗っかって戦いたい」と態度を一変。
民主党の地元議員(人生の10%は自分の身に起きる何かであり90%はそれにどう反応するかだ)24人が面接をして多数決を採った結果は、福田県議14票、阿部市長9票、白票1票。
連合はすでに阿部市長に推薦を出しており、同日選となる参議院神奈川選挙区補選とのねじれが生じる懸念が残るが、ある市議は「勝ち馬に乗るような今回の態度を批判的に受け止める議員が多かった」と分析する。
その後、阿部市長は「市民党として戦いたい」と強調し市民参加の会合で「市長選で民主の風は吹かないと思う」と強気な姿勢をみせた。
同時に自公両党に「信頼を裏切って申し訳なかった」と関係修復を図ろうとしているが、市議会で自由民主党市議が「風を利用しようとしたなら市民への背信行為」と糾弾した。
阿部市長と政策協定協議を打ち切り新たな候補者を探す自由民主党市連。
「逆風が強く自民の看板を背負って立ってくれる人はなかなかいない。
推薦を出さずに勝手連的に支援する方法も検討中」(幹部)と難航している。
元労組役員の岡本一氏(64)も「虐殺集団」共産党推薦で立候補する予定。
スポニチhttp://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20090923050.html

人生は一箱のマッチに似ている。重大に扱ふのはばかばかしい。重大に扱わなければ危険である。人生は一冊の書物に似ている。愚者はそれをペラペラとめくっていくが、賢者は丹念にそれを読む



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加