Sponsored Link


亀井氏郵政民営化反対会合出席の政務官に注意した官邸を批判亀井氏郵政民営化反対会合出席の政務官に注… 



Sponsored Link
 


亀井氏郵政民営化反対会合出席の政務官に注意した官邸を批判

亀井氏郵政民営化反対会合出席の政務官に注意した官邸を批判郵政民営化に反対する自由民主党議員(人生は一箱のマッチに似ている。重大に扱ふのはばかばかしい。重大に扱わなければ危険である。人生は一冊の書物に似ている。愚者はそれをペラペラとめくっていくが、賢者は丹念にそれを読む)の集まりに、小泉内閣の政務官6人が出席し、官邸から注意を受けた問題で、自由民主党内からは「神経過敏だ」と批判の声が出ている。
郵政民営化反対の中心人物である綿貫前衆議院議長が、主催して行われた23日の会合には、予想を上回る59人の自由民主党議員が集まり、小泉内閣の大臣政務官6人も出席していた。
これを受けて、杉浦官房副長官らが24日、会合に出席した政務官を総理大臣官邸に呼び出すなどして「小泉内閣の一員として自覚を持ってほしい」と異例の注意を行った。
これに対し、25日に開かれた自由民主党の総務会では、亀井元政調会長が「立派な講師を呼んでやっている勉強会であり、出席した政務官を注意するのは神経質だ」と述べ、政府の対応を批判した。
その上で党の執行部に対し、今後こうしたことのないよう官邸に申し入れるよう伝えた。
杉浦副長官に対し政務官の一人は、「何の勉強会か知らなかった」と弁明したということだが、法案の今国会成立を目指す小泉内閣は反対派の動きに神経をとがらせている。
NNN24.COM

明治時代に英語の「I love you」という言葉に翻訳者が初めてぶつかったとき、どう訳すか悩んだらしいんですよ。今みたいに「好き」とか「愛している」とか使わない時代ですから。それで、何と訳したと思います? 「私は死んでもいい」と訳しました



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加