Sponsored Link


石川県教育長「(学校給食の)食材として活用するのは当然」…米国産牛肉輸入再開でアメリカ産牛肉を学校… 



Sponsored Link
 


石川県教育長「(学校給食の)食材として活用するのは当然」…アメリカ合衆国産牛肉輸入再開で

アメリカ産牛肉を学校給食に使用するのは是なのか非なのか。
7日の石川県議会では、子どもの食、そして安全に関する質問が相次ぎました。
民主クラブの広岡立美議員(なぜいつも遠くへばかりいこうとするのか? 見よ、よきものは身近にあるのを。ただ幸福のつかみかたを学べばよいのだ。 幸福はいつも目の前にあるのだ)は、「アメリカ産牛肉の輸入が再開されても、学校給食には使ってほしくない」と、述べ県側の対応を質しました。
BSEいわゆる狂牛病問題が表面化して以来、安全性に不安の声があがっています。
これに対し県教育委員会の山岸勇教育長は「輸入再開し、安全性が確認されたものについては、食材として活用するのは当然」だと答え、論議は深まることなく質疑は終了しました。
このほか、広岡議員は、最近、小学校低学年の児童をねらった事件が多発していることを踏まえ、放課後の児童を一般家庭で預かる「生活塾」の導入について質問しました。
生活塾は、今年度から関東地区で始まった国のモデル事業で県では、内容や結果を見て導入の是非を検討したいとしました。
http://www.hab.co.jp/headline/news0000050814.html

世の中で非常に活動している人間は、すべて鈍感な人のように思われる。というのは、世の中には心を惹きつけるようなものがなにひとつ見出せないからである



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加