Sponsored Link


センター試験の「外国人参政権は容認されてる」記述、川端文科相「問題ない」センター試験の外国人参政… 



Sponsored Link
 


センター試験の「外国人参政権は容認されてる」記述、川端文部科学大臣「問題ない」

センター試験の外国人参政権「容認」川端文部科学大臣「問題ない」・川端達夫文部科学相は22日午前の衆議院予算委員会で、16日に実施された大学入試センター試験の現代社会の問題の中で、最高裁が外国人参政権を憲法上問題ないと容認する立場であるかのように判断させる記述があったことについて、「特段問題があるとは思わない」と述べた。
自由民主党の小池百合子元防衛相の質問に答えた。
川端氏は理由として「試験問題は専門的見地から作成している。
文部科学省の学習指導要領に基づいている限り専門的判断を尊重するべきだ」と説明した。
問題は日本(にっぽん)の参政権に関する記述として「適当でないもの」を4つの選択肢の中から選ばせるもの。
「最高裁判所は外国人のうちの永住者等に対して地方選挙の選挙権を法律で付与することは憲法上禁止されていないとしている」との記述は「誤りではない」ことになっている。
最高裁は平成7年2月、「参政権は国民主権に由来し、憲法上日本(にっぽん)国籍を有する国民に限られる」とする従来の判例を維持。
上告を棄却して原告側の敗訴が確定していた。
ただ、判決の傍論で「法律で、地方自治体の長、その議会の議員(どうにも乗り越えられない障害にぶつかった時、頑固さほど有害なものはない)等に対する選挙権を付与する措置を講ずることは、憲法上禁止されているものではない」と記述した。

よい結婚というものがきわめて少ないことは、それがいかに貴重で、偉大なものであるかという証拠である



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加