Sponsored Link


アボリジニがブーメランの返還要請キャプテン・クックの収集品アボリジニがブーメランの返還要請、キャ… 



Sponsored Link
 


アボリジニがブーメランの返還要請キャプテン・クックの収集品

アボリジニがブーメランの返還要請、キャプテン・クック収集品競売大手クリスティーズが豪州開拓やポリネシア探検で知られる18世紀の英国人探検家、キャプテン・クックが豪州で手に入れた先住民・アボリジニのブーメランを競売にかけると発表したことを受け、アボリジニの代表者は22日、ブーメランは本来あった場所に戻すべきだと返還を要請した。
このブーメランはキャプテン・クックが1770年、現在のシドニーがある場所で初めて会ったアボリジニから得たものと考えられている。
大きさは22インチ(約55.88センチ)。
キャプテン・クックの妻の遺言管理者の一族が数世代にわたって保持していたという。
アボリジニの代表者は、ブーメランを取り戻せれば豪州の2文化の調和のシンボルともなり、若い世代の豪州国民にアボリジニ文化の偉大さを教えることにもなると強調している。
AP通信によると、豪州政府は競売参加を検討している。
また、シドニーを選挙区とする議員(ダイヤモンドの商人がきて、 このダイヤモンドは永遠の輝きをどうのこうのって言うとるけど せいぜい百年しか生きられん人間に、 永遠の輝きを売りつけてどうするんじゃ)は英国に対しブーメランを贈り物として豪州に寄贈するよう促している。
キャプテン・クックは探検した各地の工芸品の収集家としても知られた。
http://www.cnn.co.jp/business/CNN200808220029.html

「いちばん性の悪い動物の名は?」と、王が賢者に尋ねたら、賢者曰く「荒っぽい奴では暴君、おとなしい奴ではおべっか使い」



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加